中国 国内旅行

【島根】隠岐の島町と西ノ島町を巡る!1泊2日よくばり観光モデルコース!

「隠岐の島観光モデルコース」アイキャッチ画像

島根県の日本海沖にある隠岐の島(隠岐諸島)は、4つの有人島を2つのエリアに分け、西ノ島(にしのしま)、中ノ島(なかのしま)、知夫里島(ちぶりじま)の3島を島前(どうぜん)、隠岐諸島で一番大きな島である主島を島後(どうご)と呼んでいます。

今回はフェリーを利用して、観光地として人気の高い、隠岐の島町のある主島と西ノ島町のある西ノ島の2島を巡る、1泊2日のモデルコースをご紹介します。

【1日目】

1日目は隠岐の島の主島へフェリーで向かい、隠岐の島町をめいっぱい楽しみます!

09:00 七類港からフェリーで隠岐の島へ!

フェリー
フェリー「おき」

本土にある松江市の七類港(しちるいこう)からフェリーで隠岐の島へ出発。

フェリーは合計3隻(おき、くにが、しらしま)あり、出発時間によってどのフェリーが出るか決まっています。

今回は9:00に七類港を出発するフェリー「おき」を利用。

そのほか高速船(レインボージェット)もあり、フェリーに比べると西郷港(隠岐の島町)までの到着時間は約1時間半ほど早くなりますが、天候の影響を受けやすく欠航率が上がり、料金も高くなります。

フェリーは2等、特2等、1等、特等、特別室の部屋を選ぶことができ、2等以外は電話予約が可能です。

2等は、椅子や区切りのない広いスペースに乗客が自由に座ったり寝転んだりするスタイルです。

自由に使える枕やブランケットも置いてあり、2~3時間程度の乗船なら問題なく過ごせると思います。

外の景色を見たり、風に当たりたい場合はベンチもあるデッキに出ることができます(※時化(しけ)の時以外)。

小規模ではありますが、売店やゲームコーナーもありますよ。

フェリーのゲームコーナー
フェリーのゲームコーナー

七類港(しちるいこう)
住所:島根県松江市美保関町七類3246番地1
電話:0852-72-2215
Webサイト:https://www.oki-kisen.co.jp/

11:25 西郷港に到着

西郷港
西郷港(隠岐の島町)

西郷港(さいごうこう)に着いたら観光開始!と言いたいけれど時間はお昼時。

まずは腹ごしらえですね♪

西郷港(さいごうこう)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の四 61番地
電話:08512-2-2266
Webサイト:https://www.oki-kisen.co.jp/terminal/53

11:35 「お食事処 味乃蔵」で海鮮丼ランチ

「味乃蔵」の味乃蔵丼
「味乃蔵」人気メニュー 味乃蔵丼

島旅の醍醐味と言えば、やっぱり海の幸。

西郷港から徒歩7分の場所にある味乃蔵ではサザエやタイ、イカ、ブリなど、その時期の旬の刺身を使った贅沢な味乃蔵丼の他、新鮮な魚介を使った定食や隠岐そばがいただけます。

お食事処 味乃蔵(あじのくら)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の一16
電話:08512-2-3975
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/21070

12:15 レンタカーを借りよう

西郷港周辺
西郷港周辺の風景

お腹が満たされたら早速観光へ!島を効率よく巡るには車が便利。

西郷港付近のレンタカー屋さんで車を借りましょう。事前予約をしておくと当日スムーズに出発できます。

有料で自家用車をフェリーで島に持ち込むことも可能ですが、個人的にはレンタカーの方がお得だと思います。

12:30 玉若酢命神社

玉若酢命神社
玉若酢命神社

西郷港周辺から車で約5分。

隠岐の総社として建立された神社で、国の重要文化財に指定されています。

境内には隠岐三大杉のひとつである、樹高約30mの八百杉がそびえ立っています。

樹齢千数百年といわれており、圧倒的な存在感を見せています。

玉若酢命神社(たまわかすみことじんじゃ)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町下西701
電話:08512-2-7170
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/20319

13:00 屋那の松原・舟小屋群

屋那の松原・舟小屋群
屋那の松原・舟小屋群

玉若酢命神社から車で約15分。船を雨風などから守るために作られた舟小屋が海辺にずらりと並び、懐かしい漁村の風情を今に伝えています。

屋那の松原・舟小屋群(やなのまつばら・ふなごやぐん)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町都万1643
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/20865

13:45 壇鏡の滝

壇鏡の滝
壇鏡の滝

屋那の松原・舟小屋群から車で約30分。厳かな雰囲気を感じる壇鏡神社の奥にある高さ40mほどの滝です。雄滝と雌滝の2つの滝が流れ落ち、渓流にはオキサンショウウオが生息しています。

壇鏡の滝(だんぎょうのたき)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町那久
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/20297

14:30 那久岬

那久岬
那久岬

壇鏡の滝から車で約20分。

駐車場から展望台までは遊歩道を歩いて約10分です。

天気が良ければ、展望台から島前を望むことができます。

那久岬(なぐさき)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町那久
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/21921

15:30 「喫茶 木かげ」で休憩タイム

「喫茶 木かげ」のコーラフロート
「喫茶 木かげ」のコーラフロート

那久岬から車で約30分。

五箇創生館(ごかそうせいかん)の中にある喫茶店で休憩しましょう。

ドリンクメニューの他、ランチの時間(11:00~14:00)は隠岐そばやサザエを使ったカレーなど、隠岐の郷土料理を味わえます。

喫茶 木かげ
住所:島根県隠岐の島町郡615-1 五箇創生舘内
電話:08512-5-2845
関連Webサイト:https://tabelog.com/shimane/A3205/A320501/32000274/

15:45 隠岐郷土館

隠岐郷土館
隠岐郷土館

「喫茶 木かげ」から徒歩約2分。

郷土資料が展示されている美しい洋館です。

今回は外観を眺めただけですが、館内の見学も可能です。

隠岐郷土館(おききょうどかん)
住所:隠岐の島町郡749-4
電話:08512-5-2151
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/21303

15:50 水若酢命神社

水若酢命神社
水若酢神社

隠岐郷土館から徒歩約2分。

隠岐造りの壮大な神社で、国の重要文化財に指定されています。

水若酢命神社(みずわかすじんじゃ)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町郡723
電話:08512-5-2123
関連Webサイト:https://www.kankou-shimane.com/destination/20821

【時間に余裕があれば】16:10 ローソク島展望台

ローソク島展望台
ローソク島展望台から見えるローソク島

水若酢命神社から車で約10分。後述するローソク島遊覧船で見に行くローソク島を上から眺められる展望台です。

ローソク島展望台
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町久見
関連Webサイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_32523ad3350045804/

【時間に余裕があれば】16:35 深浦の滝

深浦の滝
深浦の滝

深浦の滝(ふかうらのたき)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町南方
関連Webサイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_32528ab2042017637/

17:00 ローソク島遊覧船で巨大なローソクを見に行こう

ローソク島
ローソク島

島後観光で一番人気といっても過言ではない人気アクティビティのローソク島遊覧船クルージング。

サンセットに合わせて港を出発し、景観を楽しみながらローソク島へ向かいます。

晴れた天気の下、船長さんの巧みな操縦により、ローソク島と夕陽の位置がうまく合うと、ローソク島がまるで灯がともったローソクのように見えます。

天候にもよりますがクルージングの所要時間は約50分です。

ローソク島遊覧船
ローソク島遊覧船

乗船には事前予約が必要で、遊覧船が出航可能かどうかは当日の14:00頃に決定し、事前予約の際に伝えた電話番号に連絡がきます。

遊覧船の乗り場は福浦岸壁と赤崎岸壁の2ヶ所にあり、出航連絡の際に乗り場と集合時間を教えてもらえるので、忘れないようメモし、乗り場には時間に余裕を持って集合しましょう。

「喫茶木かげ」から各乗り場まではどちらも車で約10分です。

福浦岸壁(ローソク島遊覧船乗り場)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町北方2003

赤崎岸壁(ローソク島遊覧船乗り場)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町南方

ローソク島遊覧船
電話:08512-2-0787(隠岐の島町観光協会)
関連Webサイト:https://www.e-oki.net/experience/detail.php?eid=4

18:30 宿にチェックイン

クルージング後はお腹もすいてくる時間ですが、夕食前に宿泊施設のチェックインを済ませておくと、外食する場合でもゆっくり食べられるので安心です。

島後内の宿泊施設は複数あり、最も多いエリアが西郷港付近です。

車がある場合は港から遠い場所でも問題ありませんが、飲食店が多いのも港付近なので、食事やお酒を外でのんびり楽しみたい方や、翌日の朝をゆっくり過ごしたい方は、この辺りに泊まると便利です。

【時間に余裕があれば】19:00 地元スーパーをチェック

さざえ最中
さざえ最中

夕食前に余力が残っていれば、地元ならではの商品がないか、地元スーパーをチェックしてみましょう。

スーパーではお土産屋さんで売っているお土産が少しお安く買えたりもするので、宿でのおつまみやフェリー乗船中の飲み物やスナックなどの買い出しもかねて、ぜひ立ち寄ってみてください。

20:00 夕食は「八百杉」で寿司を堪能

「八百杉」のにぎり寿司
「八百杉」人気コースのにぎり寿司

お待ちかねのディナータイムは、その日に水揚げされた新鮮な魚をいただける、地元で人気の寿司店「八百杉」で。

絶品にぎり寿司に加え、自分で揚げる串カツ、赤だし、シャーベットなどがセットになったお得なコースメニューが一番のおすすめです。

八百杉(やおすぎ)
住所:島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の二16
電話:08512-2-0028
関連Webサイト:https://tabelog.com/shimane/A3205/A320501/32000924/

【2日目】

2日目は再びフェリーに乗り込み、隠岐国賀海岸で有名な西ノ島へ!

08:00 レンタカー返却

宿のチェックアウトが済んだらレンタカーを返却しましょう。

返却後は歩いて西郷港へ向かいます。

08:30 西郷港からフェリーで西ノ島へ!

菱浦港
菱浦港(海士町)

今回は8:30に西郷港を出発するフェリー「しらしま」を利用して島前の西ノ島へ向かいます。

途中で立ち寄る港を見るのも面白いです。

10:05 別府港に到着

別府港(西ノ島町)に到着したら、港から徒歩3分ほどの場所にある別府港観光交通センター観光船きっぷ売り場に向かいましょう。

こちらで「国賀めぐり定期観光船」のきっぷを購入できます。

別府港(べっぷこう)
住所:島根県隠岐郡西ノ島町大字美田4386-3
電話:08514-7-8024
Webサイト:https://www.oki-kisen.co.jp/terminal/55

別府港観光交通センター観光船きっぷ売り場
住所:島根県隠岐郡隠岐郡西ノ島町大字別府3-5

10:20 「国賀めぐり定期観光船」でクルージング

国賀めぐり定期観光船クルージングの景色
国賀海岸の景色

「国賀(くにが)めぐり定期観光船」は、島前の有名な景勝地である国賀海岸の絶景をクルージングで楽しむアクティビティ。

クルージングコースは浦郷港(うらごうこう)発の「Aコース」と別府港発の「Bコース」が用意されています。

今回はBコースを選択。海食によって作り出された迫力ある崖や数々の奇岩を観賞できます。

乗船には事前予約が必要です。

※2022年9月現在、「Aコース」と「Bコース」に加え、浦郷港(うらごうこう)発の「船長おまかせコース」も追加されています。

国賀めぐり定期観光船
電話:08514-7-8412(隠岐観光株式会社 別府営業所)
Webサイト:https://www.okikankou.com/sightseeing-boat/

12:30 浦郷港(西ノ島町)に到着

国賀めぐり定期観光船の全てのコースの終着は浦郷港になります。

浦郷港周辺には複数の飲食店があるので、ここで昼食を食べられます。

または、次に向かう場所「摩天崖(まてんがい)」はとても景色が良く、のんびりできる場所なので、そこで景色を眺めながらのランチも最高です。その場合は港周辺の店で軽食を購入してから向かいましょう。

浦郷港(うらごうこう)
住所:島根県隠岐郡西ノ島町浦郷544
関連Webサイト:https://bewave.jp/oki/access/uragou.html

13:00 タクシーで摩天崖へ

摩天崖へ向かう途中の景色
摩天崖へ向かう途中の車窓から見える景色

別府港から摩天崖の近くまでバスも出ていますが、本数が少なく、降りたバス停からは摩天崖の頂上まで約2.5kmの上りの道を歩かなければならないため、時間が限られている方や体力に自信のない方は、目的地までタクシーで行くのがベストです。

浦郷港から摩天崖の頂上まではタクシーで約20分、料金は1,800円程度です。

西ノ島町内のタクシー会社は少なく、その場で電話しても急な手配が難しかったりするので、タクシーの事前予約をおすすめします。

西ノ島町タクシー
・原タクシー  TEL:08514-6-0056
・鏡谷タクシー TEL:08514-7-8321
関連Webサイト:https://nkk-oki.com/japan/taxi/

13:20 摩天崖

摩天崖
摩天崖

タクシーから降りると目の前には、青い日本海と緑の草原のコントラストが美しい絶景が広がっています。

放牧されている牛や馬も絶景に溶け込み、ここでしか見られない風景を作り出しています。

摩天崖の草むらに横たわる牛
摩天崖の頂上から見下ろした国賀海岸

摩天崖(まてんがい)
住所:島根県隠岐郡西ノ島町浦郷
関連Webサイト:https://nkk-oki.com/japan/information/matengai/

13:30 摩天崖遊歩道をトレッキング

摩天崖遊歩道
摩天崖遊歩道

摩天崖の頂上からの絶景を思う存分堪能した後は、頂上から下へ続く遊歩道を下りながら景色と共にトレッキングを楽しみましょう。

所々で草を食んでいる牛や馬は基本的におとなしいですが、子を連れている場合は警戒心が強くなっているので、近づきすぎたり刺激したりしないよう注意しましょう。

通天橋
摩天崖の遊歩道の途中で見える「通天橋」

摩天崖遊歩道
関連Webサイト:https://nkk-oki.com/japan/information/matengai-promenade/

通天橋
関連Webサイト:https://nkk-oki.com/japan/information/tsutenkyo/

14:41 バスで別府港へ

摩天崖遊歩道を歩いて下る所要時間は約1時間。

下った到着地点から目の前の道路を10分ほど歩いて上り「国賀」のバス停へ。

14:41発の別府港行きのバスに乗車し「隠岐汽船(別府港)」で下車しましょう。

運賃は一律200円。「国賀」まで来るバスの本数はとても少ないので、乗り遅れないように注意しましょう。

隠岐・西ノ島町営バス・時刻表

15:15 別府港に到着

別府港に到着後、本土に帰るフェリーを待つ間、周辺や港内の売店などで最後のお土産探しをしてみましょう。

写真はありませんが、私が買ったものの中で美味しいと好評だったのは「シマドレーヌ」。

パッケージも可愛く、女性へのお土産におすすめです。

15:45 別府港からフェリーで本土へ

お土産も無事に買えたらフェリーに乗船して本土へ戻ります。

17:55に七類港に到着で、隠岐の島旅の終了です。

おわりに

遊びも食(しょく)もよくばったモデルコースでしたが、このコースなら、1泊2日でも隠岐の島の魅力を十分堪能できるはず♪各スポットをゆっくり回りたいという方は、モデルコースから不要な場所を削りながら計画を立ててみてくださいね。

また今回の旅では、隠岐の島旅がお得にできる「おき得乗船券(2019年版)」を利用しました。毎年発行されており、各年で特典内容が違うようですが、こちらを利用するとお得に観光を楽しめます。

気になる方は事前にサイトなどでチェックしてみてください。

※隠岐の島のフェリーやバスの時間は時期によって異なるため、旅行をされる際は、事前にサイトなどで時間をご確認ください。

-中国, 国内旅行
-, , , , ,